FC2ブログ

    フランス語をともに楽しく学びましょう

    海外生活の知識を教材に生かしています

    フルート  

    春を呼ぶコンサートから
    フルートとピアノによる
    フランス・ファンタジジー・コンサート
    France Fantasy CONCERT
    ウェル戸畑・中ホールです  友人のunoさんからもお祝いの花が
          彼女らしいあでやかさで飾られています
    会場には所せましと春の花たちが
    ウキウキさせてくれます 
    それぞれの顔を誇らしげに 
    おすましモードーもよいです 
    最後のリハーサルが行われています
    ここは親子席、ソファーもあってお子さんが横になることもできます  後方が親子観覧席
    前方が目の不自由な方への特別席です
    いろいろ配慮されたホールです 
    フランスのメロディーの中を旅して
    美しい音楽を聴けるような構成になっています

    ☆フォーレ:ファンタジー 作品79
     Gabriel Urbain FAURÉ : Fantaisie op.79
    ☆サン=サーンス : ロマンス 作品37
     Charles Camille SAIN-SAËNS : Romance op.37
    ☆ビゼー : アルルの女
     Georges BIZET : Menuet de "L'Arlésienne"
    ☆タファネル :「ミニヨン」の夜グランド・ファンタジー
     Paul TAFFANEL : Grande Fantaisie sur Mignon
    ☆ダマレ :バラの花束 作品408(ピッコロ)
     Eugène DAMARÉ : Bouquet de roses op.408
    ☆マスネ :タイスの瞑想曲
     Jules Emile Frédéric MASSENET : Méditation de "Thaïs"
    ☆ヴィドール :フルートとピアノのための組曲 作品34
     Charles-Marie Jean Albert WIDOR :
     Suite pour Flûte et Piano op.34

    この日、わたしは客席にはいませんでした
    300席の半分が埋まりました 
    ステージのピアノの左後ろ側に小さな黒い窓が見えます
    ホールの関係者が詰めています 
    場内案内係の関係者を横目に
    楽譜を取り替えたり
    アーティストの入退場の際に
    思い扉(黒い窓の内側)を開閉する代役を務めていました
    客席からの画像がないのは残念です
    黒い窓からやっとの思いで撮っています 
    フランスの情景が浮かんでくる、
    フランスの薫りを味わえた、
    花の薫りが漂っているよう、...
    等といった嬉しいお言葉をいただきました。

    ご招待した目の不自由な方からも
    アンケートは書けなかったからとメールをいただき、
    ご感想を頂戴しました。

    ピッコロは子供だけでなく、
    大人の方も結構好きなのですね。
    意外でした。
    私は年々低音楽器が好みなのですが(笑)。

    初めて聴く曲ばかりだったけど楽しめた、
    というお声が多く、大成功だったのかなと感じています。

    ご来場くださった方々、
    応援してくださった方々、
    お手伝いしてくださった方々、
    どうもありがとうございました。
    (フルーティストのブログより)

    無事にコンサートを終えて
    おや、見慣れた顔が... 
    室内の明かりも消されるでしょう
    春を肌で感じたひと時でした

    category: フルートコンサート

    thread: クラシック - janre: 音楽

    tb: 0   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://verceau0202.blog.fc2.com/tb.php/903-86b0c56d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    最新記事

    カテゴリ

    訪問者数

    リンク