フランス語をともに楽しく学びましょう

    海外生活の知識を教材に生かしています

    フランス語の旅 鍵  

    des clefs et des serrures
    鍵と錠(鍵穴)
    著名な写真家の画像に
    作者がイメージするコメントを書いています
        ここの画像内容は機会を見て載せます
        テーマは
        serrure le visage humain, le livre, la femme,
        chaque pays étranger, chaque œuvre d’art,
        les constellations du ciel.
        Clefs les armes, l’argent, l’homme, les moyen de transport,
        chaque instrument de musique, chaque outil en génér
        ロックするもの
        人間の顔、本、女性、諸外国、すべての芸術作品、空の星座
        キーとなるもの
        主要武器、お金、人、輸送手段、あらゆる楽器、一般的な各ツール

        ここに1枚の写真があります
        水族館( l'aquqrium(m)) です
        何が鍵で何が鍵穴でしょう!
        わたしの画像は明日へつながります

    category: 詩・小説

    thread: 写真にコトバをのせて - janre: 写真

    tb: 0   cm: 0

    フランス語の旅 ベルギー  

    ジョルジュ・シムノン
    Georges Simenon
    ベルギー出身のフランス語で書く小説家、推理作家
    かなりの愛煙家とみられます
    100編以上ある、
    ジュール・メグレ警部(Jules Maigret, 後に警視)が登場する
    推理小説は世界中で好評を博した(している)
    特にパリを舞台とする作品が多いので
    フランス人かと思われがちですが、そうではありません
    名前のSimenon(シメノンではありません)からして
    わたしも彼はフランス人だと思っていました
    黄色い文字SIMENONがメグレ警部シリーズです
    メグレ警視シリーズは
    トリックなどに大きな仕掛けはないのですが
    犯罪者や被害者の生活をよく知りつくし、
    その生活意識や発想法について理解することで
    犯人を捕まえるという独特の捜査方法が、
    見事な人間・心理描写ともあいまって
    犯罪心理小説として比類のない完成度を見せています

    category: 詩・小説

    thread: ベルギー - janre: 海外情報

    tb: 0   cm: 0

    フランス語の旅 フランスの小説  

    『眠る男』
    Un homme qui dort

    映画『眠る男』は、
    ジョルジュ・ペレックが書いた同名小説を、
    ベルナール・ケイザンヌとともに映画化したものである
    Un film de Georges Perec et Bernard Queysanne
        モンマルトル地域が背景
    パリの屋根裏部屋に住む学生が、
    生から離脱し、世界に無関心になることを決意して、
    自己に閉じこもってゆくさまが描かれる。
    男は一言も喋らず、聞こえてくるのは、
    二人称で画面外から語りかける女性の声のみ。
    La voix de Ludmila Mikael
    イメージと声がときに見せる微妙なズレが、
    見るものに、パリをさまよい歩きながら、
    同時に、部屋から一歩も出ていないような印象を与える。

    この映画の偏執的で即物的なテキストには、
    催眠術のような幻惑的ナレーションや、トラヴェリング撮影などを用い
    ロマンティスムのかけらもない。
    この映画の第二の主人公ともいうべき
    パリの街をとらえたモノクロのイメージのみが素晴らしい!

    映画は最後の最後に希望のようなものを残す。
    「何も待つものがなくなるまで待ち続ける」だけだった青年は、
    ほんのすこしだけ世界への関心を取り戻したように見える。

    映画は次のように語る声とともに終わる。

    「きみはもはや近づきがたく、澄んで透明な存在ではない。
    きみは恐れている。きみは待っている。
    きみはクリシー広場で、雨が止むのを待っている」
    Tu n'es plus l'inaccessible,le limpide, le transparent.
    Tu as peur, tu attends.
    Tu attends, place Clichy, que la pluie cesse de tomber.

    文の一部は
    明るい部屋:映画についての覚書より引用しています

    category: 詩・小説

    thread: 本の紹介 - janre: 学問・文化・芸術

    tb: 0   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    カテゴリ

    訪問者数

    リンク