フランス語をともに楽しく学びましょう

    海外生活の知識を教材に生かしています

    フランス語の旅 ストライキ  

    知人のブログで
    パリ市のごみ収集人(車)のストライキを目にしました
    いつものことかと思っていましたら
    今回はかなり深刻なようです
    サルトル、ボーヴォワールガイドブックにも
    記載されている
    カフェ・ドゥ・フロール
    同じ並びのカフェ・レ・ドゥ ・マゴと
    パリ6区のサンジェルマンデプレで
    人気を2分する老舗です回収されないごみ 
    労働法改正のデモに発端を機会に
    始まったストライキ[*]だそうですが
    一般市民はもちろん
    食品関係の業者にとっても
    深刻な問題ですね!

    12日付けの別の記事では
    9区あたりでは
    5月30日以来
    12日間も続いていると
    嘆いている住民の記事もあります
    労働者の権利はさておいて
    迷惑をこうむるのは
    いつも決まって一般市民なんです!

    観光客でに賑わう時期は
    この時期みたいですこんな様子でしょうか

    [*]
    ストライキ = la grève

    記事の中の用語から
    la CGT
    la Confédération Générale de Travail
    労働総同盟

    category: 日常生活

    thread: フランス - janre: 海外情報

    tag: パリのカフェ  ゴミ箱  労働組合  ボイコット 
    tb: 0   cm: 6

    フランス語の旅 振替休日  

    フランスでは
    今日は
    復活祭の翌日で振替休日になります
    振替休日 = le congé transféré という
    言葉回しもあるのですが
    日曜日の祭日の次の日が
    月曜日に当たることから
    月曜日 = lundi を用います

    カレンダー上では
    復活祭、五旬祭の翌日(月曜日)などと記載されます
    Lundi de Pâques
    Lundi de Pentecôte (16 mai 2016)
    おなじみの上半期のカレンダー

    春はすぐそこです
    わたしの小さなべらんだには
    ムスカリの青い花が咲いて
    春を告げる時期になりました
    小さな小さな春です 

    category: 日常生活

    thread: ヨーロッパ - janre: 海外情報

    tb: 0   cm: 2

    フランス語の旅 フランスのタバコ  

    踊り子が
    青い背景の中で紫煙をまとって踊る
    この絵柄は「ジタンブルー」として世界的に有名です
    「ジタンブロンド」とだぶらせて
    遠ざかる春を踊っています
    タバコは吸わなくてもこの絵柄は大好きです

    category: 日常生活

    thread: フランスの生活 - janre: 海外情報

    tb: 0   cm: 2

    フランス語の旅 切手 ドラクロア  

    フランスでは
    記念切手は日本ほど多く発行はされませんが
    美しい図柄やおしゃれなものまで様々です
    わたしが両親へあてた手紙に貼りました
    パリで務めた会社の近くにあった
    中央郵便局の2階には
    記念切手の販売窓口があって
    ガラスケースに収められた記念切手
    le timbre commémoratif が
    綺麗に飾られていました

    通常の代表的な切手は
    マリアンヌ ( La Marianne de Dulac ) の横顔です
    これは当時のものでフランス・フラン仕様です
    これは画家のドラクロア(Eugène Delacroix)が描く
    「民衆を導く自由の女神」の女性です
    切手ならこんな感じになります
    La liberté guidant le peuple

    La « Marianne de Dulac » ou « Marianne de Londres » est
    une série de timbres d’usage courant,
    conçue à la demande du général de Gaulle par
    le gouvernement britannique en 1942.
    Elle servit en France libérée du 16 septembre 1944 pour le 1F50 rose et
    en 1945 pour les 19 autres valeurs.
    Elles ont toutes été retirées de la vente le 17 août 1946,
    sauf le 50 francs qui a été vendu jusqu’au 15 novembre 1947.
    On estime à 740 millions d’exemplaires le nombre de timbres de cette série qui ont été imprimés.
    Wikipédia より

    category: 日常生活

    thread: フランスの生活 - janre: 海外情報

    tb: 0   cm: 1

    フランス語の旅 サマータイム  

    ヨーロッパのサマータイムは終わりました
    昨夜から今朝にかけて行われました
    Dans la nuit de samedi 25 octobre 2014
    sur dimanche 26 octobre 2014

    冬を迎える準備でしょう

    几帳面な方は
    寝る前に時計の針を
    1時間戻したことでしょう
    今朝は普段通りに目覚めます
    が、
    ずぼらな方はそのまま寝て
    今朝は1時間余分に睡眠が取れたことになります!
    Le passage à l’heure d’hiver sera ce jour
    Les montres rétardent une heure à 03:00 heure du matin,
    il sera 02:00 heure du matin
    Une heure en plus = une heure de sommeil est gagnée!

    category: 日常生活

    thread: 異文化を楽しむ! - janre: 海外情報

    tb: 0   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    カテゴリ

    訪問者数

    リンク