フランス語をともに楽しく学びましょう

    海外生活の知識を教材に生かしています

    フランス語の旅 トウモロコシ  

    スイートコーンです
    sweetcorn そのままです
    le maïs doux
    とても大粒です発音は
    [mais du]マイス・ドゥです
    トレマ( ¨ )
    ä、ë、ï などは
    複母音字を切り離して発音させるための記号です
    Noëlは[nɔɛl]ノエルとなります

    先月は5月でした
    つづりはmaiでトレマがありません
    発音は[mɛ]メとなります

    category: 発音

    thread: しっかり勉強! - janre: 学校・教育

    tb: 0   cm: 0

    フランス語の旅 ピーナッツ  

    おいしそうなピーナッツです
    殻をむいたら薄皮ごと食べましょう
    いった[塩味]のピーナッツ
    les cacahouèttes(f.pl) grillées [salées]
    ピーナッツオイル
    l'huile(f) d'arachide
    ピーナッツバター
    le beurre d'arachide

    les cacahouèttes
    発音はレ・カカウェットなのですが
    よく勘違いしてしまいます
    下記の表で見比べてみてください

     フランス語 発音 カタカナ カタカナ勘違い
     une cacahouètte yn kakawɛt ユヌ カカウェット ユヌ カカウエット
     un oiseau œ̃ wazo アン ワゾ アンノワゾ

    ou +母音は [w]の音でしかありませんし
    oi は[wa]ワの1音のみです
    鳥、oiseauをオワゾと
    勘違いされている方が多いみたいです

    よくご存じのウイは
    ou+母音字  [ u ]→[ w ]  oui [ wi ]  となります
    1音でウィです

    わたしも最初はそのように聞こえましたが
    繰り返し聞いていればその違いに気づくでしょう!

    category: 発音

    thread: フランス語 - janre: 学校・教育

    tag: 落花生  種実類  油糧作物 
    tb: 0   cm: 2

    フランス語の旅 ブログ記事 発音  

    2年近くこのブログで記事を書き続けていて
    いろんな人との出会いがあり
    また別れもあります
    個人的な感傷は抜きにして
    「さようなら」をフランス語にしてみました
    最後は未来志向のさようならです

     au revoir オフヴワ-ル[*] 一般的なさようなら
     à bien tôt[**] アビアント ではまた、近いうちに
     à tout à l'heure アトゥタラ-ル 後ほど
     à plus tard アプリュタ-ル また後で
     à demain アドゥマン では明日あした
     à mercredi アメフクフディ 水曜日に
     à l'année prochaine アラネプホシェンヌ また来年
     salut サリュ 親しい中でさようなら
     ciao チァオ イタリア語から
     adieu アデュウ 永遠にさようなら
    ra,ri,ru,re,ro ラリルレロは
    フランス語の発音に似せるために、ハヒフヘホに置き換えてあります
    フランス語にカタカナ[*]をふることは非常に難しく
    あくまでも参考程度にお願いしたします

    atresbientotaFukuoka 
    あなたとは
    à très bien tôt ![**]
    アトヘビアント=またすぐにね!

    category: 発音

    thread: FC2 - janre: ブログ

    tb: 0   cm: 1

    フランス語で鳥 鳩 発音  

    これは
    香水瓶の蓋にあしらわれた
    鳥の鳩(=le pigeon) です
            クリスタルです

    l'oiseau 鳥の発音は
    カタカナをふった場合には
    一般的にはにロワゾーとありますが
    定冠詞がついた場合 le oiseau の発音は
    ル ワゾ ですから
    l'oiseau は
    ル’ワゾ (’=eウの音の省略)となるみたいです

    oiseauはワゾと発音します
    [wa zoワゾ]の発音記号の中には
    「オ」がないからですね
         カタカナ発音には要注意

    "oi"という綴り字の場合ですが、
    これはオワ[owa]と発音しますと
    書かれた辞書なども目にしますが
    [o]という音はありません
    [o]を発音すれば
    「オイ」になってしまいます

    この例からすると
    poisson (上図)の"oi"にカタカナをふって
    ポワソンとなっていますが
    [pwasɔ̃]のなかにも
    「オ」の音はありませんから
    正式にはプワソンと発音されるべきですね

    学習で音を聴いてから発音すれば
    次第に正しい発音に近づいてゆくのですが
    カタカナふりから発音してしまうと
    実際の音が聞こえない場合が多いみたいです

    ではよ~く聞いてくださいね
       

    Vendredi 14 septembre 2012 beau

    category: 発音

    thread: 勉強法 - janre: 学校・教育

    tb: 0   cm: 0

    フランス語のRの発音 バラ ルネサンス  

    小3のKORさんの
    「R」の発音が落ち着いてきました
    教材のCDテキストにならって
    音を聞いて発音するのですが
    よく聞こえるようになって...
    「R」の発音は「H」の音を捕まえています

    これでは何のことかさっぱり解らないと
    思われるでしょうが、
    彼女は「R」の付く文字すべてを
    「は」行に置き換えて発音しています
    la rose(ラローズ) は ラホーズです
         きれいなバラには虫がつきます
    la France ラフハンス
    le crayon は ルクヘイヨンです
    ほとんどの音はこれでカバーできます

    聞いて読んで書くが教材の進め方ですから
    音が聞こえないでは次につながりません

    例外もあります
    音が同じに聞こえます
    (ラ)ルネサンス (la) Renaissanceの
    動詞形は renaître フネートフで
    窓は (la) fenêtre (ラ)フネートフです
                      エルがは

    動詞は原形で使われることは極まれですし
    動詞の意味からして
    再生するは使われても
    再び生まれる(蘇る)は
    使われる機会が限定されます

    冠詞もついて une(la) fenêtre、des(les) fenêtres と
    使用頻度の高い名詞の「窓」を
    完全にマスターすれば問題ないと思います

    category: 発音

    thread: 学習 - janre: 学校・教育

    tb: 0   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    カテゴリ

    訪問者数

    リンク