フランス語をともに楽しく学びましょう

    海外生活の知識を教材に生かしています

    フランス語の旅 森のカフェ  

    もう少しだけ
    足を延ばしてみましょう
    まだどんよりした雲におおわれていますが
    久しぶりのカフェ
    ベルクラント (山国) です
    営業している様子ですオーナーさん家族も
    寒い冬から解放されて
    元気な姿をみせていました
    花たちもこれからがシーズンです 
        中をのぞいてみましょう
    まだ肌寒い室内に温かい光が差し込んで... 
    ランプの光が暖かい
    一瞬時がが止まった中で
    砂漠の砂を思い出します温かいコーヒーに
    心が和みます
    一尺八寸山の美味しいいれたものです 
    この季節は
    土曜・日曜日の営業だそうです

    category: お気に入りのカフェ

    thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

    tb: 0   cm: 1

    フランス語の旅 啓蟄(けいちつ)  

    山間の小さな町にも
    梅の花の香りがします
    実家にあった梅の木にこんなに花がついていますおやおや
    こちらはまだ冬眠中
    冬の字が何だかちぐはぐな季節
    冬籠りの虫が這い出てきてもおかしくない
    季節を感じていたのですが
    あたりはまだ花粉の季節です
    2月よりは緑色が増えています朝もやの中
    静かに春を待っている様子です
    何か煙が立ち込めて...裏山のほうから
    煙がたなびいてきています
    侵入禁止なのです人の気配を感じて
    声をかけてみたのですが
    返事がありませんでした!
     

    category: お気に入りのカフェ

    thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

    tag: ベルクランド 
    tb: 0   cm: 2

    フランス語の旅 森のカフェ  

    秋のさわやかな空が広がっています
    久しぶりの森のカフェ
    ベルクラント(山国)です
    久しぶりの山国です 店内には
    秋の光が漏れて
    温かみを感じさせます
    温かみを照明でも演出しています わたしは
    お気に入りのカウンターを選びました
    こちらは自然の光をいっぱい浴びています よく見ると
    かなりこった演出がされています
    タイルは既存のものだそうですが... 壁に反射する
    ランプシェードの明かりも温かみを感じます
    では
    一尺八寸山(みおうやま)の源水でいれた
    美味しいコーヒーを飲みましょう!
    時間がなかったので食事は次回 久しぶりにお会いした
    オーナーさんとも積もる話がいっぱいあったのですが
    この日はクラス会の集まりとかで
    店内は団体客でにぎわっていましたので
    食事同様に次回の楽しみににしましょう!
    この山間のカフェには珍しいほどの車の数です 

    category: お気に入りのカフェ

    thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

    tb: 0   cm: 2

    フランス語の旅 梅雨の  

    通りがかったのは
    梅雨入りの初日
    le début de la saison des pluies
    小雨が降っていました
    雨に濡れて若葉がきれいです
    森のカフェは開いているでしょうか
    ちょっと心配していたのですが
    案の定まだ不定期な営業でした
    営業日も変わっています 
    肌寒い日には
    温かいコーヒーなどと思ったのですが...
    残念です!
        ユーロッパ風の雨戸も閉ざされています
    ミントの緑色が鮮やかで
    どこからか香りが漂ってきます

    ニッコウキスゲでしょうか
    黄色い山ユリが
    庭の片隅でひっそりと咲いています
    こちらも雨に濡れてひときわ色鮮やかです 

    category: お気に入りのカフェ

    thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

    tag: 新緑 
    tb: 0   cm: 0

    フランス語の旅 森のカフェ  

    ちょっと気になる天気なのです
    車から見た青い麦の穂が雨に打たれています
    郊外もこんな空模様
    靄にたたずむ桜模様
    移りゆく季節のはじまりでしょう!

    森のカフェ「ベルクラント」は
    今日もひっそりと営業しています
    この時点では小雨模様だったのです
    陽の光もまばらな店内で
    雨模様にもかかわらず優しい春の光が差しこんでいます
    オーナーさんたちと世間話が始まります
    今日はゆっくりしていってください
    わたしはずーっと待ち焦がれていた
    オシ・ガトーを注文します

    カフェのある場所は
    以前にも紹介しましたが
    隣町との境の峠、大石峠(大石峠)に位置します
    地元の人が《おしがと》と呼ぶことにちなんで
    このスパイシー・パウンドケーキが名付けられました
    わたしなりには
    O(i)shi(i)・gâteau と解釈しています
    ほんのり甘くてシナモンが広がる
    名物の
    一尺八寸(みおうやま)山の
    源水で沸かしたコーヒーが
    まろやかな風味を醸し出し
    一瞬自然の懐に身をゆだねている頃...
    コクがあってまろやかな色合い
    外は
    春の嵐が吹きまくっていました
    コンデジで雨足が写るほどの強さです

    category: お気に入りのカフェ

    thread: 小さな幸せ - janre: 心と身体

    tb: 0   cm: 6

    プロフィール

    最新記事

    カテゴリ

    訪問者数

    リンク